醸し人九平次 EAU DU DESIR 1800ml

醸し人九平次(かもしびとくへいじ)

EAU DU DESIRとは「希望の水」という意味。
●「新しい日本酒。(ぴあMOOK 2016年4月刊)」実力派蔵の96本に選出される。

原料米:山田錦
精米歩合:50%
アルコール度数:16度
日本酒度:-
酸度:-
希望小売価格:3810円

●グレープフルーツやメロンのようなみずみずしい香りで、口に含むとハチミツのようなまろやかな甘さが広がる。パリの三ツ星シェフにも認められた逸品なので、フレンチとのマリアージュも楽しみたい。(新しい日本酒。
●果実風味強く、適度な熟成を経てはちみつやバニラの風味が出る。華やかな酸味を軸に広がるうまみは秀逸。(LOVE日本酒2 2015年刊)
●酸味と甘みのバランスはパーフェクト。香りはとても上品で、ローズの花びらのような花を連想させる。メロンやクミンのような香りも。(極みの日本酒 洋泉社MOOK 2015年3月刊)

【蔵元情報】
萬乗醸造
愛知県名古屋市緑区
1789年(寛政元年)創業
「醸し人九平次」は、平成9年デビュー。熟した果実味のもと、気品・優しさ・懐かしさを目指す酒。パリの三ツ星シェフにも認められた酒。


おすすめの醸し人九平次



楽天ウェブサービスセンター