日本酒あれこれ

日本酒度と酸度の関係
特定名称酒の分類
日本酒ラベル表示
酒類人気の推移

年表

西暦 記事
B.C.100頃 日本書紀に「大神の掌酒」を任命
250頃 魏志倭人伝に倭人は「酒を嗜む」
400頃 播磨国風土記に「清める酒もて手足を洗ひき」
689 浄御原律令に宮内省造酒司
878 酒税徴収
927 延喜式で宮内省造酒司の御酒糟の造法明らかに
1252 沽酒禁制(鎌倉幕府による禁酒令)
1569 「多聞院日記」に酒の火入れ殺菌の初見
1578 「多聞院日記」に諸白の初見
1673 寒造り以外の醸造を禁ず
1740 伊丹の「剣菱」将軍御膳酒に指定
1871 清酒・濁酒醸造鑑札収与と収税方法規則を公布
1872 オーストリア国博覧会へ出品
1875 酒類税則などを定める
1878 びん詰め日本酒初めて売り出される
1880 酒類を醸造酒・蒸留酒・再製酒に分けて課税
1899 どぶろくの製造と消費を禁止
1901 白鶴初めて一升ビン詰め発売
1911 第一回全国新酒鑑評会開催
1911 日本酒精よりアルコールに水を加えた新式焼酎発売
1920 大和醸造から合成清酒「新進」発売
1930 竪型精米機の発明により吟醸香を持つ酒の製造が容易に
1930 山田錦登場
1941 配給制スタート
1943 日本酒は第一級から第四級まで級別設定
1943 アルコール添加による清酒増量実用化
1946 闇酒横行
1946 酒類販売の自由化
1950 三倍増醸酒製造
1960 酒類の公定価格が撤廃
1962 日本酒の級別は特、一、二級となる
1964 ワンカップ大関登場
1964 玉乃光酒造は業界に先駆け純米酒を復興
1968 酒造米の配給制度が終了
1972 佐々木久子氏が越乃寒梅を幻の酒として取り上げ淡麗辛口ブーム
1973 本醸造酒売り出し
1987 神亀酒造が全国で最初に全量純米へ切り替え
1992 級別廃止

日本酒造組合中央会ホームページ・Wikipediaより)


幻の人気日本酒ランキング