特定名称酒の分類

特定名称 使用原料 精米歩合 麹米使用割合
大吟醸酒 米、米こうじ、醸造アルコール 50%以下 15%以上 吟醸造り固有の香味、色沢が特に良好
吟醸酒 米、米こうじ、醸造アルコール 60%以下 15%以上 吟醸造り固有の香味、色沢が良好
純米大吟醸酒 米、米こうじ 50%以下 15%以上 吟醸造り固有の香味、色沢が特に良好
純米吟醸酒 米、米こうじ 60%以下 15%以上 吟醸造り固有の香味、色沢が良好
特別純米酒 米、米こうじ 60%以下又は特別な製造方法 15%以上 香味、色沢が特に良好
純米酒 米、米こうじ 15%以上 香味、色沢が良好
特別本醸造酒 米、米こうじ、醸造アルコール 60%以下又は特別な製造方法 15%以上 香味、色沢が特に良好
本醸造酒 米、米こうじ、醸造アルコール 70%以下 15%以上 香味、色沢が良好

【精米歩合】
精米歩合60%とは、玄米の表層部を40%削り取ることをいう。

【麹米】
白米のでんぷんを糖化させるために白米に麹菌を繁殖させた「米麹」の製造に使用する白米。

【醸造アルコール】
もろみにアルコールを適量添加すると、香り高くスッキリした味となる。アルコール添加には、清酒の香味を劣化させる乳酸菌(火落菌)の増殖を防止する効果もある。吟醸酒や本醸造酒に使用できる醸造アルコールの量は、白米重量の10%以下に制限されている。

【吟醸造り】
精米した白米を低温でゆっくり発酵させ、かすの割合を高くして、特有の芳香(吟香)を有するように醸造することをいう。

日本酒造中央会ホームページより


幻の人気日本酒ランキング