大阪サミットで乾杯酒になった日本酒

大阪サミットの日本酒、はやくも売切れ続出。。。

2019年6月28日・29日の日程のG20大阪サミット。洞爺湖サミットや伊勢志摩サミットでは、乾杯酒に注目が集まり、採用された日本酒の大躍進につながった。大阪サミットの日本酒
今度の大阪サミットの乾杯酒は、どうやら秋鹿 一貫造り 純米大吟醸雫酒になったようだ。秋鹿を醸す秋鹿酒造と言えば、大阪の山奥の自社畑で、無農薬の山田錦を栽培し醸造することで知られるこだわりの蔵だ。大阪にあってひとり気を吐く秋鹿酒造の酒は、近年、その独特の甘酸っぱさで人気上昇中。大阪サミットで乾杯酒となることで、入手困難になることは必至。大阪サミットの日本酒
かつては伊丹を中心に、日本一の酒処であった大阪の地。今では酒造も15ばかりに減少したが、「米作りから酒造りまで一貫造」をモットーに全量純米酒を貫くこの秋鹿酒造や、豊臣秀吉の時代の天野酒を復活させた西條など、ひと味違った大阪魂の息づく酒造り。大阪サミットの開催されるこの機会に、かつての勢いを取り戻してもらいたいものだ。

【大阪サミット 首脳夕食会・カクテル】

大阪サミットの日本酒2019年6月28日、G20各国首脳・招待国首脳及び国際機関の長並びにその配偶者に対するおもてなしの一環として、大阪城西の丸庭園内の大阪迎賓館で、文化行事・首脳夕食会が開催された。大阪サミットの首脳夕食会・カクテルのテーマは「サステイナビリティーとガストロノミーの融合」。豊かな自然との共生観に基づき、地元の食材をはじめ、日本各地の幅広い食材を使用した料理と酒が提供された。

▶桜酒(乾杯酒):秋⿅ 純⽶⼤吟醸⼀貫造り(大阪府)
▶スパークリング酒:南部美⼈あわさけ(岩手県)
▶⽇本酒:末廣 ⼭廃純⽶吟醸(福島県)
▶⽇本酒:秋⿅ 純⽶⼤吟醸無濾過雫⽣原酒「⼊魂の⼀滴」(大阪府)
▶⽩ワイン:シャトージュン甲州201 (⼭梨県)
▶⾚ワイン:KOBE WINE Bénédiction 2016(兵庫県)

今回の大阪サミットでは、乾杯酒として、「桜酒」の形態で日本酒が選ばれた。日本ならではの文化が強調されたところが注目されるが、福島県産品の売込みにも力点が置かれていた。
特筆されるのは、シャンパンの出番がない代わりに、南部美人の「あわさけ」が提供されたことだ。いよいよスパークリング日本酒が、シャンパンの高みを目指して世界に打って出る!!!

大阪サミットに期待する日本酒

大阪サミットの日本酒蔵元自ら田植えから刈り入れまでを行う山田錦。しかも、その米は完全無農薬栽培。それを使用し、全量純米で醸し出される日本酒。古さを残しつつ、工夫を加えて行われる酒造り。今はまだ隠れた名酒のような存在。できるものなら、大阪サミットには参加してほしくない。私だけの日本酒であってほしいものだ。

大阪サミットの日本酒豊臣秀吉に愛されたと伝えられる酒を、天野山金剛寺の文献から復活させたことで知られる西條。僧房酒として知られるその酒は、日本酒度マイナス100にせまる超甘口で、日本酒ファンを驚かせた。「甘さこそ日本酒の真髄」をモットーにした酒造りは、日本酒に新風を呼び込む。

大阪サミットの日本酒かつては40軒近い酒蔵が並び、伊丹と並ぶ酒造のメッカであった池田に、今も残る呉春。村松呉春の名に由来し、谷崎潤一郎も愛飲したと言われる呉春には、文化の薫りが色濃く漂う。しかしまた、お好み焼きなどを食しながら、気取らず気ままに飲むのにもいい。大阪を代表する日本酒銘柄。

かつてのサミット乾杯酒はどうなった?

洞爺湖サミットの日本酒

大阪サミットの日本酒磯自慢中取り純米大吟醸35
2008年7月の北海道洞爺湖サミットでは、北海道開催にもかかわらず静岡の磯自慢が採用された。磯自慢といえば、業界では徹底した品質管理で知られる。日本の威信をかけた日本酒が登場したことで、日本酒の地位も向上したか!?このころより日本酒も世界で輝き始めた。北海道洞爺湖サミットから10年以上経過した今でも、磯自慢の最高峰に位置付けられる「中取り純米大吟醸35」は、最高の日本酒として市場で人気が高い。

伊勢志摩サミットの日本酒

大阪サミットの日本酒半蔵 純米大吟醸
前回の2016年5月に開催されたG7伊勢志摩サミットでは、三重県の日本酒が大活躍した。会合ごとに違う銘柄の日本酒が用いられ、いずれも大きな評判を呼んだ。中でも、ワーキングディナーで乾杯酒に用いられた半蔵は、しばらく入手困難な状態が続くという事態に陥った。以降、三重県の日本酒の地位は大きく向上し、日本でも有数の酒処と見なされる風潮が生まれている。


幻の人気日本酒ランキング