芋焼酎

森伊蔵

幻の焼酎として知られる。3Mの一つ。1.8 リットル入りは転売されてネット通販で1本2万円を超える値段がつく。

森伊蔵(もりいぞう)

村尾

幻の焼酎として知られる。3Mの一つ。1.8 リットル入りは転売されてネット通販で1本1万5千円を超える値段がつくことも。

村尾(むらお)

魔王

幻の焼酎として知られる。3Mの一つ。1.8 リットル入りは転売されてネット通販で1本1万円を超える値段がつく。

魔王(まおう)1800ml
魔王(まおう)720ml

伊佐美

芋焼酎ブームの先駆け。むかしはこれこそが幻の焼酎とされた。黒麹一筋。

伊佐美(いさみ)1800ml

佐藤

昨今とても人気の高い焼酎。黒佐藤は黒麹仕立てでしっかりとした味。白佐藤は白麹仕立てでさっぱりした味。

白佐藤1800ml(さとうしろ)
黒佐藤(さとうくろ)1800ml

赤兎馬

かつて九州限定販売だったが、人気の高さから全国に。三国志に登場する名馬から命名。紫芋『綾紫』を使った「紫の赤兎馬」も人気。

赤兎馬(せきとば)1800ml
赤兎馬(せきとば)720ml
紫の赤兎馬(むらさきのせきとば)1800ml
紫の赤兎馬(むらさきのせきとば)720ml

八幡 田倉

代々宮司を務めてきた蔵元で生まれる焼酎。ここで生まれる焼酎はいずれも全国区になり、入手困難になってきた。

古八幡(いにしえはちまん)720ml
八幡(はちまん)1800ml
はちまんろかせず1800ml
はちまんろかせず720ml
田倉(たくら)1800ml
田倉(たくら)720ml

一どん

焼酎づくりの技を黒瀬集落に伝えた最初の黒瀬杜氏、片平一にちなんで命名。入手困難。

一どん(いちどん)1800ml

くらら 妻 月の中

家族経営の小さな酒蔵で、I33株酵母という新しい酵母を使って造られた「くらら」は超レア。

くらら1800ml
妻(つま)1800ml
限定原酒妻(げんていげんしゅつま)720ml
月の中(つきんなか)1800ml
月の中(つきんなか)720ml

萬膳 真鶴

「萬」よろず、すべての「膳」食をうるおすとの意味の蔵元「万膳酒造」で生まれる芋焼酎。真鶴は入手困難。

真鶴(まなづる)1800ml
萬膳(まんぜん)1800ml
萬膳(まんぜん)720ml


幻の人気日本酒ランキング