おすすめの有名日本酒

おすすめ 日本酒のイメージが変わる美味しい酒

遊穂 純米酒

遊穂 純米酒UFO多発地帯で醸造されるという「遊穂」。この酒を飲むと、日本酒とは宇宙人がもたらしたものなのではないかと思う。熟成させるほどにとろみを持つ、蜜のような旨み。それが、体中を駆け抜ける快感。あらためて日本酒の深淵なる世界を知る。

おすすめの人気銘柄 日本酒

おすすめの日本酒獺祭(だっさい)獺祭(だっさい)
確固たる人気ナンバーワンを誇る日本酒。純米大吟醸の生産量は日本一。杜氏を廃し社員制にするなど、挑戦を続ける山口県の旭酒造の日本酒は、初心者にも飲みやすい。


おすすめの日本酒十四代(じゅうよんだい)十四代(じゅうよんだい)
1994年頃、淡麗辛口に打って出たフルーティーで美味しい大吟醸酒が大ブレーク。芳醇旨口人気の火付け役となった。置くことが居酒屋のステータスとも。山形県の酒。


おすすめの日本酒新政(あらまさ)新政(あらまさ)
新政酵母と呼ばれる酵母を生み出し、業界に画期的な転機をもたらした。自社酵母・無添加・秋田米にこだわり、革新的な取り組みで業界を引っ張る。秋田県の酒。


おすすめの日本酒久保田(くぼた)久保田(くぼた)
「高品質なお酒」を合言葉に、1985年デビュー。当時、淡麗な味が好まれる傾向にあった首都圏から火が付き、ブランドを確立。淡麗辛口銘柄の代表となった。新潟県の酒。


おすすめの日本酒八海山(はっかいさん)八海山(はっかいさん)
新潟県魚沼の酒。霊峰八海山の水を使用。はやくから吟醸づくりにこだわり、1970年代の地酒ブームを支え、今に至る。品質にこだわり、キレのよい美味さを実現。


おすすめの日本酒越乃寒梅(こしのかんばい)越乃寒梅(こしのかんばい)
雑誌「酒」の佐々木久子氏の愛好ぶりが、昭和38年の「週刊朝日」に掲載されて評判になった。「幻の酒」とされ、地酒ブ-ムに火をつけた。日本酒王国新潟県の酒。


おすすめの日本酒黒龍(こくりゅう)黒龍(こくりゅう)
1975年、大吟醸酒の商品化を全国に先駆けておこなった。プレミアム日本酒の先駆。おいしい酒ランキングでも、常に上位に入るうまい酒。福井県の日本酒。


おすすめの日本酒飛露喜(ひろき)飛露喜(ひろき)
社運を背負って1999年発売された飛露喜は、無濾過生原酒の美味さを世に知らしめた。無濾過生原酒のジャンルを切り開いた銘柄。福島県のおすすめの日本酒。


おすすめの日本酒磯自慢(いそじまん)磯自慢(いそじまん)
徹底した品質管理で、品質重視の酒造りで有名。全国の醸造関係者の間でも目標とされる蔵元となった。洞爺湖サミットでの乾杯酒にも選ばれた静岡県の日本酒。


おすすめの日本酒醸し人九平次(かもしびとくへいじ)醸し人九平次(かもしびとくへいじ)
1997年、蔵元の名を冠してデビューした「醸し人九平次」は、エレガントで美味しい日本酒として、海外の三ツ星レストランに採用され、瞬く間に大人気に。愛知県の日本酒。


おすすめの日本酒作(ざく)作(ざく)
2000年11月に登場した「作」は、全米日本酒歓評会で、エメラルド賞という栄誉を授かる。伊勢志摩サミットでも、その美味しさは評判となった。三重県の酒。

今月度 美酒三百杯一番人気のおすすめ

おすすめの日本酒 十四代 七垂二十貫十四代 七垂二十貫
美酒三百杯内ヒット数月間ナンバーワン(2017年2月度)は、「十四代 七垂二十貫」。685viewsを記録した、このおすすめの日本酒は、十四代らしいフルーティーさを堪能できる美味しい大吟醸酒。

メディアおすすめの日本酒

おすすめの日本酒 ALPHA  風の森 TYPE1ALPHA  風の森 TYPE1
Pen2017年3/1号「ソムリエが選ぶ、おいしい日本酒。」の冒頭を飾り、香り部門で3つ星を獲得。爽やかな発泡性日本酒として、絶大な人気を誇る「風の森」。美味しい日本酒の未来を切り開くこれは、入手困難な人気酒となった。

日本酒におすすめ 飲むならチタンで

おすすめの日本酒 チタンの酒器SUSgallery
ぜひとも欲しいチタン製の芸術作品。様々な温度帯で楽しむことのできる日本酒なら、保温性に優れ、冷たいものでも熱いものでも美味しく飲めるチタンがおすすめ。モダンな雰囲気で、日本酒との良い関係をとりもってくれる。


幻の人気日本酒ランキング