日本酒人気都道府県トップ10

日本酒人気都道府県ランキングは、都道府県リアルタイムベスト50ページの都道府県クリック数をもとに集計。過去30日のリアルタイムベストテン。

日本酒人気都道府県ランキング

これだけは飲みたい日本酒

獺祭獺祭 純米大吟醸 磨き 二割三分(山口県)
不動の日本酒ランキングナンバーワンの獺祭。その獺祭の中のフラッグシップモデルは、日本酒の概念を変える。


十四代十四代 本丸(山形県)
「十四代」を置くことは居酒屋のステータス。本丸は、「十四代」の原点。この酒から伝説ははじまった。


新政新政 NO.6 X-TYPE(秋田県)
最古の「きょうかい酵母」が分離された蔵は、革新的な取り組みで現代の日本酒界を引っ張る。X-TYPEはフラッグシップモデル。


醸し人九平次 純米大吟醸 別誂醸し人九平次 純米大吟醸 別誂(愛知県)
スタイリッシュで美味い「醸し人九平次」のフラッグシップ。肩書きの「EAU DU DESIR」とは、「希望の水」のこと。


飛露喜 特別純米無ろ過生原酒飛露喜 特別純米無ろ過生原酒(福島県)
1999年登場し、「無ろ過生原酒」というジャンルをつくった名酒。テレビで取り上げられたことも相まって、爆発的な人気に。


作 雅乃智作 雅乃智 中取り 純米大吟醸(三重県)
伊勢志摩サミットワーキングランチ乾杯酒を出した蔵の人気の純米大吟醸。メディアでも多く紹介される繊細な酒。


紀土KID紀土KID 大吟醸(和歌山県)
2016年酒-1グランプリに輝いた平和酒造。この紀土はIWC等の大きな鑑評会でも受賞し、日本酒初心者にも大人気。


黒龍黒龍 大吟醸 龍(福井県)
ワインの熟成を応用し、1975年に、「大吟醸」として業界に先駆けて商品化された。今でも酒好きを驚かせる旨さの、黒龍の「龍」。

日本酒人気都道府県ランキング


人気 幻の日本酒ランキング