金刀比羅宮

金刀比羅宮の日本酒

旧国幣中社
御祭神:大物主命 崇徳天皇

金刀比羅宮地図

金刀比羅宮

●こんぴらさんで知られる海上交通の守り神。江戸時代中期、金毘羅参りは、伊勢神宮へのお陰参りに次ぐ人気となった。
●御祭神大物主(おおものぬし)は、仏教の金毘羅と習合して金毘羅大権現となる。オオクニヌシの和魂。
●こんぴら参りができない人が海に流した樽を、拾った人が代参し奉納するという「流し樽」の風習が残る。流した人も届けた人も、心願成就するという。
●有名な長い石段の参道下に、御神酒を納める西野金陵がある。その敷地内に、酒の博物館金陵の郷を併設している。

お神酒

琴平で宿を取るならことひら温泉 琴参閣。県下有数の規模を誇る旅館は、ナンバーワンの人気を誇る。JR琴平駅、琴電琴平駅にも近く、こんぴらさんにも歩いて行ける。金毘羅歌舞伎開催時など、予約が取れない時もあるので早めの旅行計画を!


幻の人気日本酒ランキング