三嶋大社

三嶋大社の日本酒

伊豆国一宮 旧官幣大社 名神大社 
御祭神:大山祇命(オオヤマツミノミコト) 積羽八重事代主神(ツミハヤエコトシロヌシノカミ)

三嶋大社地図

三嶋大社

●御祭神に関しては、大山祇命説・事代主神説がある。御二柱の神を総称して三嶋大明神と称す。大山祇命は、伊予国一宮大山祇神社の御祭神で、コノハナサクヤヒメの父神でもあり、酒解神(さかとけのかみ)とも呼ばれる。初めて穀物から酒を作って神々に献じた、酒造の祖神である。事代主は、大国主の御子神であり古事記では、国譲りの決断を下した神とされる。
●舞殿横に、飯神社とともに酒神社があり、1月3日の例祭は、酒類販売促進の祈願祭であり、三島酒販協同組合のふるまい酒でにぎわう。
●源頼朝はじめ多くの武家からの崇敬を集めた。
●酒をこよなく愛した歌人若山牧水は、大正10年の御例祭で、

のずえなる 三島のまちのあげはなび 月夜の空に 消えて散るなり

と、隣の沼津から三嶋大社を偲んだ。今、東側神池南端に歌碑がある。

お神酒

三嶋大社に参拝するなら天然温泉富嶽の湯ドーミーイン三島。街なかにあり、三嶋大社へも歩いて行ける。さらに、富士山を望む男女別天然温泉大浴場があり、快適な旅行を楽しめる。


幻の人気日本酒ランキング