大山祇神社

大山祇神社の日本酒

伊予国一宮 旧国幣大社 名神大社
御祭神:大山積神(おおやまづみのかみ)

出雲大社地図

大山祇神社

●全国にある山祇神社(大山祇神社)の総本社。日本総鎮守と尊称される。山の神・海の神・戦いの神として崇められ、武具を中心に多くの国宝を有し、中には斉明天皇御奉納の禽獣葡萄鏡や、源頼朝、源義経奉納の鎧もある。
●大山祇神は酒解神(さかとけのかみ)とも呼ばれる。御子神である木花開耶媛(このはなさくやひめ)が彦火火出見尊(ひこほほでみのみこと)を産み奉った時、狭名田の茂穂で天甜酒(あめのたむざけ)を造り、天地の神々に捧供したことに因る。初めて穀物から酒を作って神々に献じた、酒造の祖神である。
●八塩折の酒(やしおりのさけ)を使ってヤマタノオロチ退治をしたスサノオの妃クシナダヒメは、大山祇神の孫にあたる。
●御前酒「白鷺」を醸造しているのは徳本酒造である。これは、神社の斎田でつくった米を使用している。なお、白鷺は大山祇神社の神使。

お神酒

しまなみ海道の真中にあっても、大三島は泊まる場所も少ない。しかし旅館 茶梅なら安心。大山祇神社にも近く、瀬戸内の魚介類を美味しく料理してくれる。まだ観光地化されていない町の素朴な味わいが嬉しい。


幻の人気日本酒ランキング