日本酒人気ランキングまとめ

日本酒人気ランキング番外編

2015年・2016年・2017年の日本酒人気ランキングをもとに、トップ10には入らないが、話題となった人気の日本酒をピックアップ。人気日本酒トップテンとは違った魅力の日本酒が見えてくる。

世界で注目される南部美人

南部美人ひやおろしが顔をそろえる9月。日本酒の元旦10月1日も間近となり、日本酒の話題も増えてきた。そんな中、南部美人がはじめてトップテンに入った。7月にインターナショナルワインチャレンジで、チャンピオンサケを受賞してから注目度もアップしている。今後、SAKE COMPETITION 2017 で、発泡清酒部門の1位を獲得した発泡性日本酒の発売も控えており、ますます注目される。

人気トップテン2017年9月度

フランスで快挙を達成した七田

七田 雄町50 純米吟醸今月のランキングは、七田が急上昇。今年から始まったワインの本場フランスでの日本酒コンクール「KURA MASTER」。10品だけに与えられたプラチナ賞を、七田が3品占めるという快挙を達成。10月8日には、この中からプレジデント賞と審査員特別賞が選ばれる予定となっているが、七田の真骨頂「雄町」を使った「七田 雄町50 純米吟醸」に要注目。

人気トップテン2017年8月度

世界一の称号を獲得した南部美人

特別純米酒 南部美人 チャンピオンサケ世界最大規模の日本酒品評会インターナショナルワインチャレンジ2017日本酒部門のチャンピオン・サケが、7月6日に発表された。全1245銘柄の中から、世界一の称号を勝ち取ったのは、食中酒として定評がある「特別純米酒 南部美人」。サザンビューティーとして海外で名を馳せる名酒が、ヨーロッパをも席巻することとなる。

人気トップテン2017年7月度

人気ランキング再浮上の切り札となるか 久保田の新商品

日本酒人気ランキング端麗辛口の新潟を代表する日本酒として指折りの人気を誇る久保田から、今後の日本酒界の流れを占う日本酒が出てきた。華やかな香りを持ち、酸味と甘みがマッチした久保田 純米大吟醸は、明らかにかつての久保田とは趣を異にする。

人気トップテン2017年6月度

週間にほん酒ランキングでもトップ5に食い込んだ人気の梵

にほんしゅランキングが、大躍進。アマゾンプライム「石ちゃんのSAKE旅」第5回で、世界40カ国以上で売れている日本酒として紹介されてより、にわかに注目が集まっていたが、3月から5月にかけてNHKで取り上げられるなどして、急伸した。また、今年のインターナショナル・ワイン・チャレンジ2017において、梵 純米55が、福井純米トロフィーにも輝いている。

人気トップテン2017年5月度

日本酒評価の切り札となるか 香りを目で見て選ぶ時代が到来

日本酒の香り日本酒の香りを目に見えるようにした会社アロマビットと提携した山丹正宗が、注目されている。山丹正宗は、「ワイングラスでおいしい日本酒アワード」常連の、香りに定評のある日本酒。その香りの測定値を、独自のラベルに落とし込み、香りを直感的に伝えることを可能としたこのシステムは、ひとくくりにできない難解な日本酒を読み解く一助になると期待されている。日本酒に新たな時代がやってきた。

人気トップテン2017年4月度

科学技術が生み出した濃縮された日本酒

日本酒人気ランキングアルコール度数30度の新しい酒が話題になっている。アルコール度数の高さゆえに雑酒に分類されるが、純米酒「作 穂乃智」から生まれた、れっきとした日本酒。三菱化学のゼオライト膜「KonKer」で濃縮し、「concentration 作 凝縮 H」となった。
実はこの酒、昨年の伊勢志摩サミットで試作品が提供され、話題を呼んでいた。3月30日、満を持しての登場となったが、従来にない味わいに感嘆の声が漏れている。

人気トップテン2017年3月度

日本酒をスイーツに合わせる時代がやってきた

日本酒人気ランキング日本酒人気ランキングトップの獺祭は、バレンタインデーにも大活躍。このところ、日本酒とチョコレートの相性の良さが注目され、獺祭はバレンタインデーショコラをも発売。これは、人気の「獺祭 純米大吟醸 磨き 二割三分」を使用したショコラとなっている。もちろん、「獺祭 純米大吟醸 磨き 二割三分」も、チョコレートに合う日本酒として、バレンタインデーに大人気だった。

人気トップテン2017年2月度

日本酒人気ランキングをのぼりつめるか山形の酒

山川光男昨年デビューした山形の日本酒ユニット「山川光男」の露出度が増え、大人気となっている。山川光男は、山形の人気酒造がタッグを組んで生み出す酒で、1月には、今年一番の日本酒「山川光男 2017 ふゆ」が出荷された。新しい感覚の日本酒として、さらに人気が高まることが予想される。

人気トップテン2017年1月度

東洋美人12月15日の日ロ首脳会談における、プーチン大統領の来日で、山口県産品が注目を集めたが、特に「東洋美人 壱番纏 純米大吟醸」は、プーチン大統領に絶賛されたことで人気爆発。入手困難な状況に陥っている。

人気トップテン2016年12月度

一夜雫国士無双で知られる北海道の名蔵髙砂酒造の、人気の長期低温発酵酒「一夜雫」が、平成29年1月末をもって販売終了という発表があった。製造に欠かせないアイスドームの製作が困難になったためとのこと。温暖化の影響は、日本酒業界にまで押し寄せている。

人気トップテン2016年11月度

福寿 純米吟醸今年も日本人ノーベル賞受賞者が出た。12月の晩餐会には、日本酒が提供されることとなり、福寿の純米吟醸が注目されている。この酒は、2008年以降、晩餐会に欠かせないものとなっている。

人気トップテン2016年10月度

つや姫なんどでもひやおろしの出荷で賑わった9月。10月1日の日本酒の日を間近にして放送された「旅サラダ」で、つや姫なんどでもが登場。「ワイングラスでおいしい日本酒アワード2016」メイン部門最高金賞を受賞したこの酒は人気を集め、ネットでの検索が爆発的に増え、注文が殺到。入手困難な状態となっている。

人気トップテン2016年9月度

大山特別純米酒ひやおろし日本酒も美味さを増すこの季節。9月9日は、ひやおろしの解禁日。中でも注目は、ひやおろしに定評のある大山 特別純米酒 ひやおろし。そのすっきりとした飲み口がここちよく、昨秋も大人気だった。

人気トップテン2016年8月度

勝山 純米吟醸 献7月は、International Wine Challenge 2016、SAKE COMPETITION 2016 と、大きな品評会の結果発表が相次いだ。中でも注目されるのは、International Wine Challenge 2016 でゴールドメダルに輝き、SAKE COMPETITION 2016 純米吟醸部門で1位を獲った勝山 純米吟醸 献。日本航空国際線ビジネスクラスでの提供も決定した。
人気トップテン2016年7月度

越乃寒梅2016年6月1日、越乃寒梅通年商品として、45年ぶりの新作が発表された。その名も「さっぱりした」という意味を持つ越乃寒梅 灑 純米吟醸。淡麗で飲みやすい越乃寒梅らしさはそのままに、6月17日に発売。


人気トップテン2016年6月度

作5月開催の伊勢志摩サミットでは、三重の酒が多く採用され、注目されるところとなった。特にワーキングランチ乾杯酒となったは、日本酒人気ランキングでも急上昇し、5月最終週に17位に食い込んだ。乾杯酒となった「作 智 純米大吟醸 滴取り」以外の同銘柄の人気も高く、現在入手困難となっている。


人気トップテン2016年5月度

紀土4月17日、酒の神様である京都の松尾大社で、第3回酒ー1グランプリが開催された。40蔵の蔵元が集う中、見事グランプリを射止めたのは紀土(きっど)を醸す平和酒造だった。これまで日本酒になじみのなかった若者をターゲットにする紀土は、日本酒初心者でも心地よく飲める優しい酒となっており、人気ブレーク。


人気トップテン2016年4月度

而今伊勢志摩サミットもせまり、がぜん注目の三重の日本酒而今(じこん)。蔵元杜氏の自ら醸す酒を而今として2004年に世に送り出してより人気に火が付き、入手困難な酒となった。而今とは、「今このときをただ懸命に生き抜く」という意味。


人気トップテン2016年3月度
焼酎ランキング2016年3月度

田酒北海道新幹線開通で注目される青森の酒。昭和45年より純米にこだわり、純米酒といえば田酒(でんしゅ)というほどの知名度を誇る。昭和57年秋「特選街」で純米酒がトップになってから、入手しにくい酒のひとつとなった。


人気トップテン2016年2月度
焼酎ランキング2016年2月度

浅草蓬莱今年の注目は、低アルコールの日本酒。浅草蓬莱(ざるそうほうらい)は、多くの雑誌で取り上げられ、その新鮮な味わいが驚きでもって報告されている。ただ、なかなか入手しにくい酒となってしまった・・・


人気トップテン2016年1月度
焼酎ランキング2016年1月度

福寿12月10日、ノーベル賞授賞式の晩さん会で使用された。2008年以降、日本人受賞者が出た年のノーベル賞授賞式晩餐会で使用されてきた。また、めでたい名前をもつこの酒は、御屠蘇としての需要もあり、ランク外ではあるものの、12月に検索数は躍進した。

にほん酒ランキング2015年12月度
焼酎ランキング2015年12月度

獺祭今や揺るぎない人気ナンバー1の日本酒、獺祭。新酒の季節、ますます好調。検索数も大幅アップ。さらに、JR西日本とのタイアップが決定。12月4日より、新幹線エヴァンゲリオンプロジェクト「500TYPE EVA」の中で、獺祭おためしセット(2700円)が販売される。

にほん酒ランキング2015年11月度
焼酎ランキング2015年11月度

新政新政 NO.6 S-TYPE 純米吟醸 生原酒 は、今年9月からANA国際線ファーストクラスに採用され、さらに注目が集まった。ナンバー6は、新政酵母という現存する最古の酵母「協会6号」に由来する。11月に発刊された日本酒のこころなどにも特設ページが割かれ、人気も上昇中。10月の検索数でもトップテンに入った。

にほん酒ランキング2015年10月度
焼酎ランキング2015年10月度

南部美人【9月度の酒】9月21日、映画「KAMPAI! FOR THE LOVE OF SAKE」が、第63回サンセバスチャン国際映画祭で上映された。この映画には、日本酒にかかわる3人の活躍が描かれる。その一人は、南部美人5代目蔵元。南部美人は、9月最終週人気ランキングでも20位に上昇してきた。

にほん酒ランキング2015年9月度
焼酎ランキング2015年9月度

大山特別純米酒ひやおろし【8月度の酒】涼しい風が吹き始めると、日本酒も美味さを増す。9月9日は、ひやおろしの解禁日。中でも注目は、ひやおろしに定評のある人気の大山 特別純米酒 ひやおろし。今年はどんな酒に仕上げて来るのか???

にほん酒ランキング2015年8月度
焼酎ランキング2015年8月度

会津ほまれ【7月度の酒】2015年度のチャンピオン・サケは、ほまれ酒造の醸した純米大吟醸酒に決定した。同じ蔵から発売の、ちょっと贅沢な家飲み用純米大吟醸、会津ほまれ 純米大吟醸酒 極。これで気軽に飲み明かす!

にほん酒ランキング2015年7月度
焼酎ランキング2015年7月度

鳴門鯛【6月度の酒】2015年度のチャンピオン・サケは惜しくも逃したものの、その候補として健闘したのがナルトタイ 水ト米。この酒をつくる蔵は、超音波霧化技術に秀でており、近年秀逸な酒を醸しだす。昨年は日本全国美酒鑑評会吟醸酒部門において、鳴門鯛 大吟醸が1位に輝いた。

にほん酒ランキング2015年6月度
焼酎ランキング2015年6月度



幻の人気日本酒ランキング