旭日酒造有限会社

八千矛全国新酒鑑評会においても金賞受賞歴を持つ。
出雲大社の御神酒「八千矛(やちほこ)」は、古川酒造が献上していたが、2013年10月から旭日酒造が受け継いだ。
旭日酒造創業当時は、「白雪」という銘柄だった。大正天皇(当時皇太子)が明治40年に巡行された際、随行の木戸孝正侍従長へ献上した酒が「天下一品の美酒なり」と賞賛を受け、「旭日」の揮毫を受けた。
八千矛は、出雲大社に祀られるオオクニヌシノミコト(大国主命)の数ある異称のひとつ。

■旭日酒造有限会社■

明治2年(1869年)創業
島根県出雲市今市町
代表銘柄「十旭日(じゅうじあさひ)」「八千矛(やちほこ)」

旭日酒造地図
旭日酒造有限会社ホームページ

お神酒

出雲大社には縁結びの神が鎮座する。八千矛は、ひととのつながりを強くする酒。それを提供する旅館が、美人湯で知られる玉造温泉にある。出雲大社参拝の際は、ぜひ立ち寄り、八千矛で日常の疲れをとりたい。

→八千矛の飲める旅館 玉造温泉 保性館


幻の人気日本酒ランキング