白鷹株式会社

白鷹初代辰馬悦蔵が辰馬本家(白鹿醸造元)より分家し、西宮に創業。当初は「鱗」との銘柄だった。

明治10年(1877)の初めての内国博覧会で花紋賞を受賞。明治22年(1889)パリ万国博覧会で賞杯を得る。明治42年(1909)第二回全国清酒品評会で「優等賞」受賞。

伊勢山田の近くで発見された山田穂が、大正12年に兵庫県立農事試験場で短稈渡船と掛け合わされ、酒米「山田錦」となった。白鷹では、山田錦誕生当時より、宮水で生粋の灘酒を醸造してきた。

伊勢神宮の禰宜中田(澤瀉)正朔は、明治26(1893)年に廣田神社の宮司として西宮に移り、白鷹を愛でた。正朔は、神職を辞して伊勢で酒屋をはじめ、白鷹の三重県下での取り扱いを一手に引き受けるようになった。そうして大正13(1924)年、大御饌に清酒が初めて採用されることとなり、全国の蔵元から選ばれて白鷹が神宮御料酒となった。

白鷹 賜栄伊勢神宮御料酒菰冠
伊勢神宮御料酒白鷹
青松白鷹

■白鷹株式会社■

文久2年(1862)創業
兵庫県西宮市浜町
代表銘柄「白鷹(はくたか)」
●白鷹の蔵元「辰馬家」の住居を再現した建物に、レストラン、バー、展示場などを設けた白鷹禄水苑が西宮にある。

白鷹株式会社地図
白鷹ホームページ

お神酒

内宮、外宮にもほどよい距離にある斎王の宮。斎王とは伊勢神宮に奉仕した女性で、初代は紀元前後の豊鍬入姫命。アマテラスを祀る官職の名を刻んだこの旅館は、特に女性に評判で、美味い料理と安らかな時間が提供される。なお、白鷹を頂くなら、内宮の門前、おかげ横丁にある白鷹三宅商店へ。


幻の人気日本酒ランキング