西野金陵株式会社

金陵●万治元年(1658年)創業の西野家(阿波の藍商)が元となっている。酒造業は、八代目西野嘉右衛門が、寛政元年(1789年)6月3日、金毘羅大権現に参詣の折り、鶴田屋の酒造株が売りに出されているのを知り、買収したことにはじまる。
●「金陵」の名は、江戸時代の儒学者頼山陽先生が、琴平の地が、中国の古都金陵(南京)を偲ばせるとしたことによる。
●この清酒は、金刀比羅宮(こんぴらさん)の御神酒となり、「讃岐のこんぴら酒」と呼ばれている。

金刀比羅宮の参道沿いに、酒の博物館金陵の郷を併設している。

煌金陵 純米大吟醸酒
国の光金陵

【西野金陵株式会社】

万治元年(1658年)化学品事業部創業
寛政元年(1789年)酒類部創業
香川県仲多度郡琴平町
代表銘柄「金陵(きんりょう)」

西野金陵株式会社地図
西野金陵ホームページ

お神酒


幻の人気日本酒ランキング