群馬県の地酒・日本酒

群馬県の日本酒

1991年、「若水」が関東ではじめて酒造好適米に認定された。2015年には、「ぐんまの地酒大使」 が選ばれ、対外アピールを行っている。
銘柄としては、「瓶内二次発酵」を開発した永井酒造の水芭蕉などが知られる。

群馬県の日本酒 リアルタイムベスト50


【平成26年度清酒消費量】 8556 ㎘
【全酒類に対する清酒消費量】 8.0 %
【平成26年度一人当清酒消費量】 5.3 ℓ (全国 27 位)
【平成25年度生産量(課税移出)】 3590 ㎘ (全国 25 位)
【生産量中県内消費割合】 72 %
【平成25年度清酒製造業者数】 26 (全国 28 位)
【BY28全国新酒鑑評会金賞数】 2 (全国 31 位)
【金賞数/出品数】 11.1 %


幻の人気日本酒ランキング