広島県の地酒・日本酒

広島県の日本酒

1897年に開発された軟水醸造法により、広島酒の躍進が始まり、1907年の第1回全国酒類品評会で、その名声を一気に高めた。東広島市にある西条は、現在では、灘や伏見と並ぶ酒どころである。また、その西条酒は、日本酒としては全国で初めて、中小企業庁のJAPANブランド育成支援事業に採択され、西条産地呼称清酒認証基準に則り「SAIJO SAKE」の認証を行っている。
財務省所管の研究機関「独立行政法人酒類総合研究所」が東広島市にあり、酒類の品質評価などを行っている。
広島県が開発した酒造好適米には、「八反錦」「千本錦」などがある。
全国的に有名なブランドも数多く抱えており、雨後の月酔心などは、人気が高い。

広島県の日本酒 リアルタイムベスト50


【平成26年度清酒消費量】 12440 ㎘
【全酒類に対する清酒消費量】 6.5 %
【平成26年度一人当清酒消費量】 5.4 ℓ (全国 25 位)
【平成25年度生産量(課税移出)】 12403 ㎘ (全国 9 位)
【生産量中県内消費割合】 63 %
【平成25年度清酒製造業者数】 46 (全国 8 位)
【BY27全国新酒鑑評会金賞数】 9 (全国 9 位)
【金賞数/出品数】 23.7 %




人気 幻の日本酒ランキング