福島県の日本酒・地酒

福島県の日本酒は全国新酒鑑評会日本一

福島県の日本酒全国的に人気となっている日本酒が多い福島県。全国新酒鑑評会における金賞受賞酒数は、2012年から5年連続で1位となった。これは、官民挙げての取組の結果で、その成果は、ブランド酒「夢の香」に詰め込まれている。ふくしまブランドの酒造好適米「夢の香」と、「うつくしま夢酵母」で醸されるコンセプト商品である。
このように、福島県が日本酒王国に変化をとげたのも、その土壌があったからで、多様なブランドがひしめいている。有名なものとしては、無濾過生原酒というジャンルを切り開いた飛露喜や、生もと造り一筋で知られる大七写楽などがある。

福島県の日本酒 リアルタイムベスト50


福島県の酒蔵と銘柄

















福島県の日本酒データ

日本酒の受賞報道は瞬く間に県民に広がり、日本酒に対する情熱は、日本一ともいえる福島県。1人当たりの清酒消費量も全国有数。ただし、福島県内生産銘柄の消費割合が50%を割るのは、他県の日本酒を比較消費しているからか???有名蔵も群雄割拠し、このところの全国新酒鑑評会金賞数は他県を圧倒している。

【平成26年度清酒消費量】 12789 ㎘
【全酒類に対する清酒消費量】 9.9 %
【平成26年度一人当清酒消費量】 8.0 ℓ (全国 3 位)
【平成25年度生産量(課税移出)】 14508 ㎘ (全国 8 位)
【生産量中県内消費割合】 47 %
【平成25年度清酒製造業者数】 67 (全国 4 位)
【BY28全国新酒鑑評会金賞数】 22 (全国 1 位)
【金賞数/出品数】 48.9 %

幻の人気日本酒ランキング