茨城県の地酒・日本酒

茨城県の日本酒

関東で最も酒蔵数が多い。歴史も古く、日本最古の酒蔵と言われる須藤本家も本県にある。2016年に入って、大きな品評会で最高賞を獲得する銘柄が続出しており、注目度も高い。
茨城独自の取り組みとしては、純茨城の酒「ピュア茨城」の開発がある。これは、茨城県初の酒造好適米「ひたち錦」と茨城県産の酵母を用いて醸される日本酒で、県内の蔵元がその出来を競い合っている。

茨城県の日本酒 リアルタイムベスト50


【平成26年度清酒消費量】 13172 ㎘
【全酒類に対する清酒消費量】 8.1 %
【平成26年度一人当清酒消費量】 5.5 ℓ (全国 22 位)
【平成25年度生産量(課税移出)】 4466 ㎘ (全国 20 位)
【生産量中県内消費割合】 60 %
【平成25年度清酒製造業者数】 47 (全国 7 位)
【BY27全国新酒鑑評会金賞数】 8 (全国 10 位)
【金賞数/出品数】 34.8 %




人気 幻の日本酒ランキング