京都府の地酒・日本酒

京都府の日本酒

日本でも有数の酒どころ伏見を持ち、月桂冠、黄桜、松竹梅の宝酒造など清酒大手が軒を連ね、全国2位の清酒出荷量を誇る。また、酒の神さまとして知られる松尾大社があり、2014年からは境内で松尾大社 酒-1グランプリが開催されている。
現在、酒造好適米「祝」を用いた酒造りに力を入れ、淡麗な味と独特の芳香に特徴のある日本酒に人気が出ている。
京都には多くの有名銘柄があるが、近年特に澤屋まつもとなどが名を上げている。

京都府の日本酒 リアルタイムベスト50


【平成26年度清酒消費量】 13686 ㎘
【全酒類に対する清酒消費量】 7.5 %
【平成26年度一人当清酒消費量】 6.3 ℓ (全国 14 位)
【平成25年度生産量(課税移出)】 125483 ㎘ (全国 2 位)
【生産量中県内消費割合】 9 %
【平成25年度清酒製造業者数】 43 (全国 10 位)
【BY28全国新酒鑑評会金賞数】 8 (全国 10 位)
【金賞数/出品数】 30.8 %


幻の人気日本酒ランキング