三重県の地酒・日本酒

三重県の日本酒

酒米の王とされる「山田錦」は、三重の宇治山田で栽培されていた「山田穂」を改良したものであり、三重県は山田錦の栽培の盛んな土地柄である。
その三重の酒を一気に有名にしたのは、2016年に開催された伊勢志摩サミットである。三重の酒は、様々な形態で各国関係者にふるまわれ、好評を博した。結果、近年ブレークした而今以外にも、半蔵瀧自慢など、三重の酒が軒並み入手困難となった。

三重県の日本酒 リアルタイムベスト50














【平成26年度清酒消費量】 8411 ㎘
【全酒類に対する清酒消費量】 8.5 %
【平成26年度一人当清酒消費量】 5.6 ℓ (全国 20 位)
【平成25年度生産量(課税移出)】 2122 ㎘ (全国 35 位)
【生産量中県内消費割合】 57 %
【平成25年度清酒製造業者数】 33 (全国 22 位)
【BY28全国新酒鑑評会金賞数】 5 (全国 16 位)
【金賞数/出品数】 31.3 %


幻の人気日本酒ランキング