宮城県の地酒

宮城県の日本酒

昭和61年(1986年)、ササニシキ100%の純米酒造りを通し「みやぎ・純米酒の県宣言」を行った。1997年には、酒造好適米「蔵の華」の開発にも成功している。現在、特定名称酒割合は80%を超え、全国有数。
伊達政宗の時代より酒造に力を入れ、多くの美酒を生む。現在でも人気の勝山を醸す仙台伊澤家勝山酒造は、仙台伊達家御用蔵として知られている。
2015年には、仙台伊澤家勝山酒造、墨廼江酒造、新澤醸造店、山和酒造店、萩野酒造、寒梅酒造、川敬商店の蔵元が集い、「DATE7」を結成。毎年リーダー持ち回りでひとつの酒「DATE SEVEN」を醸すことが決まった。
宮城県内の有名銘柄としては、級別制度に一石を投じたことで知られる一ノ蔵や、第一次地酒ブームを担った浦霞伯楽星などがある。

宮城県の日本酒 リアルタイムベスト50













【平成26年度清酒消費量】 12647 ㎘
【全酒類に対する清酒消費量】 7.9 %
【平成26年度一人当清酒消費量】 6.6 ℓ (全国 12 位)
【平成25年度生産量(課税移出)】 9083 ㎘ (全国 13 位)
【生産量中県内消費割合】 72 %
【平成25年度清酒製造業者数】 30 (全国 25 位)
【BY27全国新酒鑑評会金賞数】 15 (全国 5 位)
【金賞数/出品数】 65.2 %




人気 幻の日本酒ランキング