佐賀県の地酒・日本酒

佐賀県の日本酒

佐賀藩の鍋島直正公は、財政再建のため酒造を奨励。現在も、佐賀県では日本酒造りが盛んで、佐賀県酒造組合は、様々なイベントを通して啓蒙活動を行っている。また、「The SAGA認定酒」と呼ばれる佐賀県原産地呼称管理制度認定酒で、佐賀の酒をアピールしている。
2011年には、インターナショナル・ワイン・チャレンジ (IWC)で「鍋島 大吟醸」がチャンピオンサケに選ばれ、佐賀酒人気に火が付いた。現在では、「七田」や、「東一」など、全国的な人気を誇る銘柄も多い。

佐賀県の日本酒 リアルタイムベスト50


【平成26年度清酒消費量】 4184 ㎘
【全酒類に対する清酒消費量】 8.5 %
【平成26年度一人当清酒消費量】 6.2 ℓ (全国 15 位)
【平成25年度生産量(課税移出)】 3063 ㎘ (全国 30 位)
【生産量中県内消費割合】 72 %
【平成25年度清酒製造業者数】 28 (全国 27 位)
【BY28全国新酒鑑評会金賞数】 3 (全国 21 位)
【金賞数/出品数】 14.3 %


幻の人気日本酒ランキング