埼玉県の地酒・日本酒

埼玉県の日本酒

2005年に「彩の国酒造り学校」が開校し、醸造技術向上に努めている。また、埼玉県吟友会を結成し、イベント活動や研修を行い、啓蒙活動を行っている。
2004年には、埼玉県初の酒造好適米「さけ武蔵」が開発された。
有名な銘柄としては、日本で初めて全量を純米酒に変えたことで知られる神亀酒造の熟成酒ひこ孫や、超絶的なフルーティーさで人気となった花陽浴などがある。

埼玉県の日本酒 リアルタイムベスト50


【平成26年度清酒消費量】 26178 ㎘
【全酒類に対する清酒消費量】 6.5 %
【平成26年度一人当清酒消費量】 4.4 ℓ (全国 41 位)
【平成25年度生産量(課税移出)】 23322 ㎘ (全国 4 位)
【生産量中県内消費割合】 17 %
【平成25年度清酒製造業者数】 35 (全国 19 位)
【BY27全国新酒鑑評会金賞数】 4 (全国 16 位)
【金賞数/出品数】 19.0 %

人気 幻の日本酒ランキング