栃木県の地酒・日本酒

栃木県の日本酒

日本酒造杜氏組合連合会に加盟した最も新しい杜氏集団「下野杜氏」を抱え、2006年から認定を行っている。酒造好適米の開発にも力を入れ、「とちぎ酒14」を生み出した。また、栃木県酒造組合も、平成11年に「酒々楽(ささら)」というきき酒処を開設し、情報発信を行っている。
有名な銘柄としては、常識を打ち破る取組みで話題を呼んでいる仙禽や、吟醸酒造りにこだわる小林酒造の鳳凰美田などがある。

栃木県の日本酒 リアルタイムベスト50


【平成26年度清酒消費量】 8683 ㎘
【全酒類に対する清酒消費量】 8.2 %
【平成26年度一人当清酒消費量】 5.3 ℓ (全国 26 位)
【平成25年度生産量(課税移出)】 9110 ㎘ (全国 12 位)
【生産量中県内消費割合】 28 %
【平成25年度清酒製造業者数】 36 (全国 17 位)
【BY28全国新酒鑑評会金賞数】 11 (全国 7 位)
【金賞数/出品数】 50.0 %


幻の人気日本酒ランキング