全米日本酒鑑評会

U.S.National Sake Appraisal 2019

sakecompetition全米日本酒歓評会は、日本酒をアメリカの人々に紹介してきた国際酒会(ホノルル)が、2001年以来主催してきた。アメリカ国内で流通販売されている204酒蔵512点の出品があり、6月4日~6日にかけて大吟醸A部門(精米歩合40%以下)、大吟醸B部門(精米歩合50%以下)、吟醸部門(精米歩合60%以下)、純米部門(精米歩合70%以下)に分けて審査。金賞151点、銀賞124点を決定し、その中から部門ごとのグランプリと、準グランプリを発表。併せてこれまでの累積得点が最高となった「燦爛」の外池酒造店にエメラルド賞を贈った。今年最も注目されたのは作 雅乃智で、レギュラーと中取りで2冠を達成した。「作」の清水清三郎商店は、2016年にエメラルド賞を獲得しており、全米日本酒鑑評会での強さが際立つ。

  • 大吟醸A部門グランプリ  大吟醸 山田錦 桃川
  • 大吟醸B部門グランプリ  作 雅乃智中取り
  • 吟醸部門グランプリ  作 雅乃智
  • 純米部門グランプリ  背振湧水
  • エメラルド賞(2001年以来の累積得点最高賞)  外池酒造店

大吟醸A部門

【グランプリ】   大吟醸 山田錦 桃川
【準グランプリ】   大吟醸 六甲の雫
【準グランプリ】   秀よし 大吟醸松右衛門 

大吟醸B部門

【グランプリ】   作 雅乃智中取り
【準グランプリ】   純米大吟醸 まんさくの花 山田45
【準グランプリ】   蔵の華 純米大吟醸 鳳陽

吟醸部門

【グランプリ】   作 雅乃智
【準グランプリ】   雪の茅舎 秘伝山廃
【準グランプリ】   勝山 純米吟醸 献 

純米部門

【グランプリ】   背振湧水
【準グランプリ】   陸奥八仙 特別純米
【準グランプリ】   南部美人 特別純米酒


幻の人気日本酒ランキング