全米日本酒鑑評会

U.S.National Sake Appraisal 2018

sakecompetition全米日本酒歓評会は、日本酒をアメリカの人々に紹介してきた国際酒会(ホノルル)が、2001年以来主催してきた。アメリカ国内で流通販売されている194酒蔵478点の出品があり、6月5日~7日にかけて、大吟醸A部門(精米歩合40%以下)、大吟醸B部門(精米歩合50%以下)、吟醸部門(精米歩合60%以下)、純米部門(精米歩合70%以下)に分けて審査された。青森県の酒造・桃川は、吟醸部門と純米部門でグランプリを獲得するという快挙を達成した。また、累積得点によって選出されるエメラルド賞は、浦霞で知られる株式会社佐浦が獲得した。

  • 大吟醸A部門グランプリ  超特撰大吟醸 毛利公
  • 大吟醸B部門グランプリ  越乃寒梅 純米大吟醸 無垢
  • 吟醸部門グランプリ  吟醸純米 杉玉
  • 純米部門グランプリ  桃川 純米酒
  • エメラルド賞(2001年以来の累積得点最高賞)  株式会社佐浦

大吟醸A部門

【グランプリ】   超特撰大吟醸 毛利公
【準グランプリ】   大吟醸 東の麓
【準グランプリ】   浜千鳥 大吟醸 

大吟醸B部門

【グランプリ】   越乃寒梅 純米大吟醸 無垢
【準グランプリ】   七田 純米大吟醸
【準グランプリ】   楯野川 純米大吟醸 PHOENIX

吟醸部門

【グランプリ】   吟醸純米 杉玉
【準グランプリ】   燦爛 吟醸
【準グランプリ】   越乃寒梅 吟醸酒 別撰 

純米部門

【グランプリ】   桃川 純米酒
【準グランプリ】   作 穂乃智 純米
【準グランプリ】   大山 特別純米酒 


幻の人気日本酒ランキング